職場復帰での対応

育児休暇からの復帰する時

産前産後休暇、育児休暇を経て、いざ職場復帰。どのようなことに気を付ければよいでしょうか。
産前産後休暇、育児休暇を取得することは当然の権利です。後ろめたく感じる必要は全くありません。
しかし、自分が職場復帰できるのは、お休みしていた間に会社を支え、守ってくれていた人達の力があってこそ。
感謝の念を持つことは大切です。
又、育児休暇後に職場復帰したとしても、子供の急な発熱でお休みをしなければならない場合や、保育園へのお迎えがあるから残業できないということもあります。残してしまった仕事は、他の人が補ってくれるわけですから、そこも感謝です。
勤務時間中に、何か手伝えることは無いか、自分からできることを見つけて、周りの人に感謝しているよ、子育てがひと段落したら、うんと恩返しするからね。という気持ちを伝えましょう。
それだけで、周りの人達も、今は仕方ないかと思ってくれるものです。

うつ病からの復帰する時

急な病で仕事を休職する必要があった場合、それが体の病気であれば仕方がないと割り切れるのですが、うつ病など、精神的な病であった場合、職場復帰時に少し気まずい思いをしてしまいますね。 周りの人も気を使いますし、上司も仕事が振り難いというのが正直なところでしょう。 しかし、ここで申し訳ないと思う必要はありません。 会社の良いところは、持ちつ持たれつの関係になれることです。誰かが仕事ができる状態ではない時は、誰かが支える。 あなたがしっかり病を治した時に、他も人を支える心づもりでいましょう。 ただし、支えてくれる周りの人に対する感謝の気持ちは、忘れずに。 精神的な病気の場合は、治療に時間もかかりますし、目に見えにくい分、周りの理解を得にくい場合もあるでしょう。 でも、「ごめんなさい」ではなく「ありがとう」の気持ちを伝え続けることで、もっとサポートが得られるようになりますよ。

© Copyright Learning While Working. All Rights Reserved.